« リチャード・コシミズ講演日程 | トップページ | 朝鮮カルトの悍ましい儀式に参加した国会議員ども。 »

2019年10月21日 (月)

台風20,21号を監視しましょう。

K10012140991_1910201702_1910201702_01_02

DeepState・安倍一味御用達の惨軽新聞が、台風19号で、首都圏の「調整池」は、貯水能力ギリギリだったと強調している。今回、都心が冠水して「大惨事」とならなかったのは、たまたまだったと。つまり、裏社会は、洪水でもっと大きな被害を期待していたのではないだろうか?

裏社会も、今回で学んだことがあるだろう。被害を大きくするには何が必要かを。

台風の進行方向右側の強風が東京湾に吹き込めば、高潮を引き起こし、洪水と相乗して被害を大きくする。台風19号では、この要素がなかった。だから、何とか、東京だけは被害が大きくならずに済んだ。

裏社会は、20号、21号台風で、この点を修正して、台風進路に手を加え、被害拡大を狙う恐れがある。

許すまじ。


« リチャード・コシミズ講演日程 | トップページ | 朝鮮カルトの悍ましい儀式に参加した国会議員ども。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

低気圧と台風のWパンチ 関東甲信地方24日夜から再び雨 25日は警報級のおそれ

https://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/3/1/31706.html

直前になって関東直撃…言わないでよ、気象庁。

【警戒】台風21号が急成長、今夜にも猛烈な勢力に発達へ 中心気圧920hPa・最大瞬間風速75メートルの予想

https://johosokuhou.com/2019/10/22/20069/

台風21号が急激に成長しています。
10月22日夜の時点で勢力は940ヘクトパスカル、最大瞬間風速は70メートルに増大。気象庁の予想だと、水曜日には920ヘクトパスカル、最大瞬間風速75メートルに成長する見通しです。
現在の進路だと24日(水曜)に小笠原諸島を直撃する恐れがあり、気象庁は厳重な警戒を呼び掛けています。

首都圏はギリギリ台風の西側となりそうですが、台風21号に合わさる形で大きな雨雲も接近していることから、今週末は東日本の広い範囲で大雨となりそうです。

19号と同じなら、台風本体が来る前に相当雨が降りそう。どうなる被災地?

【警戒】台風21号が急成長、今夜にも猛烈な勢力に発達へ 中心気圧920hPa・最大瞬間風速75メートルの予想

https://johosokuhou.com/2019/10/22/20069/

台風21号が急激に成長しています。
10月22日夜の時点で勢力は940ヘクトパスカル、最大瞬間風速は70メートルに増大。気象庁の予想だと、水曜日には920ヘクトパスカル、最大瞬間風速75メートルに成長する見通しです。
現在の進路だと24日(水曜)に小笠原諸島を直撃する恐れがあり、気象庁は厳重な警戒を呼び掛けています。

首都圏はギリギリ台風の西側となりそうですが、台風21号に合わさる形で大きな雨雲も接近していることから、今週末は東日本の広い範囲で大雨となりそうです。

はぁ??
全人類的な知恵の終結??
そんなものは、いらない
バカでなければ、誰でも気付く
【人工台風】だと

裏社会側と考えた方が
辻褄が合いそうですね
↓↓↓

〈原田武夫国際戦略情報研究所〉

【「即位の礼」当日だからこそ考える。再び到来する台風の真意(原田武夫の道中辻斬り Vol. 78)】
https://www.youtube.com/watch?v=W7If2nc9Y6g

台風を  口実にした  同時多発・放流・氾濫テロ

気付いている人達は、多いと思います
後は、情報の拡散とともに
この「気付き」を、どう繋げていけるのかでしょうね
↓↓↓↓

〈日本を守るのに右も左もない〉

【人工台風か? ~国家は生き残るために何でもする~】
台風19号は、東日本に大きな傷跡を残して通り去った。
堤防が崩れ、家々が流され棲家を失う。
大きな自然災害があると、人々は国家や自治体に頼らざるをえなくなる心理が働く。
気象庁の警告:国民一律に脅迫されているような気がしたのは俺だけか?
しかし、近年の地震にしても、台風にしても人工的に起こされていると思われるものが非常に多い。~
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2019/10/9333.html

長野市などに洪水警報

https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20191022/1010011140.html

長野地方気象台は、午前1時50分に長野市に洪水警報を出しました。
気象台は、北部、中部で22日の夜ごろまで河川の増水に警戒するよう呼びかけています。

長野地方気象台は、21日午後11時36分に松本市と安曇野市に洪水警報を出しました。
気象台は、中部で22日夜ごろまで河川の増水に警戒するよう呼びかけています。

5つ前のスレにカキコしたものを、あえてこちらにも再カキコ。

僕の『卵』観察日記(笑)

・そのカキコの95%くらいは「“自然”地震が起きるぞ〜コワイぞ〜」カキコ。人工地震を完全否定。

・しかも、“なぜか”そのあとに起きる地震は、卵が「起きる起きると予言した場所“以外”」で起きること多し。

・そんな“自然”地震専門カキコだったのが、去年あたりから急に、何十回に1度だけですが、地震以外のカキコをするようになった。

・ただしそれも、新聞などのメディアで流されてる情報をそのまま貼っただけ(最近ではトルコリラがどうとかいうニュースをカキコしてる)。

・同様に数十回に1度カキコして来るようになったのが、「韓国ワルイワルイ」カキコ。しかも、これまた、似非ウヨメディアが報じている内容をそのまま貼るだけ。

・さらにこれまた、ごく稀にではあるが最近突然カキコすることがあるのが、上記のカキコ内容とはまるっきり矛盾する「僕は裏社会に狙われてるんだ!」カキコ。

・「自然地震が起きる!」カキコ、普通のニュースを無分析で貼るカキコ、そして「韓国ワルイワルイ」カキコという「裏社会の存在を完全否定している」カキコしか普段はしていないのに、「裏社会から狙われてる!」カキコをするという超矛盾。

・しかもその「狙われてる」カキコは、どう考えても妄想の産物で、いわゆる『創価ストーカー被害者』のカキコそのもの。


今日はここまで。
「観察日記」は今後も続行(笑)。

台風20号「温帯低気圧になって大雨降らす」21号は列島直撃免れるか

https://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/3/1/31681.html

現在、四国の南を北上中の台風20号は、まもなく温帯低気圧に変わる見込みだが、台風の雲域と前線が一体化して、近畿地方や東日本の太平洋側を中心に非常に激しい大雨を降らせる予想だ。台風19号の被災地では二次災害の危険が高まっている。

気象庁によると21日午後3時現在、台風20号は高知県の室戸岬沖を時速45キロで北上している。台風は今夜までに紀伊半島沖で温帯低気圧に変わる見込みだが、台風周辺の暖かく湿った空気が前線に流れ込んで活動が活発化し、各地で非常に激しい雨が降るおそれがある。

あす夜までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、▽東海地方300ミリ、▽近畿地方と伊豆諸島200ミリ、▽関東甲信150ミリ、▽北陸と東海地方80ミリ。

台風から変わった温帯低気圧は、22日朝には東海道沖に進み、あさって23日には前線上の関東の東に新たに低気圧が発生する見込みで、23日にかけては東北地方でも50〜100ミリの雨が予想される。

一方、気象庁の最新の分析によると、マリアナ諸島近海を西寄りに進んでいる台風21号は、あす以降、非常に強い勢力に発達する見通しだが、小笠原諸島近海に到達する23日以降は、北上する進路を取るため、本州直撃は避けられる予想だ。

犬HKの犯行声明をチェックしてみました。

クローズアップ現代 2019年10月15日(火)
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4341/
【同時多発 河川氾濫の衝撃 ~緊急報告・台風19号~】

★同時多発テロだったんだ!

【雨天域を切らすな~サルでもわかる牧之原黒レーダーの気象操作】
~Xのバンドレーダーは、レーダーのパラボラを調整してどの方向にでも電磁波を照射出来ますから、普通は自分とこの基地局周辺に雨を降らせるのですが、この場合は太平洋上のかなり遠方の照射しています。
レーダーはくるくる回転するので、だから海上の雨天域がバウムクーヘンを切ったような同心円になるんですね。まあこれだけでも自然現象ではないことがわかります。
こういう人為的な気象操作を黙って見過ごすどころか、嘘八百を並べ立てる気象操作庁・ウザーヌース・気象予報士・NHK・民放は、デタラメ改ざん嘘つきが家業。受信料など1円も払う必要はないのです。~
https://ameblo.jp/atom-green-0201/entry-12537963061.html

今度のはヤバそうな気がします。
15,19に続いて3度めなので。

ダムの緊急放流+湾岸部からの高潮+湾岸部の人工地震・津波+堤防の破壊工作

これを同時にやられたら、東京は水没して壊滅するでしょう。

こないだの土曜日は、鉄道の計画運行のため、都心はほとんど誰も出歩く人はいませんでした。堤防の破壊工作などのテロ活動は容易です。

台風の  前に湧かせし  円形雲

  列をなしたる  誘導雲

 さっき神様の御告げが有って、陸上に、アノネの箱船作って住むがよいとのこと。
 スーパードライの飲み過ぎ説に100票?。

コメント入力時、
誤変換すみませんです!
スマホのタップ精度がいまいちなので、どうも上下左右の変換候補を
拾っているようですね。

変な 雲の形態の観察記

関東を覆う高度凡そ3千メートル程の
平らな天幕の様な雲の下に
高度凡そ千メートル程の高さに現れる端切れ雲
という奇妙な風景が当たり前に成って来てしまいましたが
面白い事に、まるでその2層の雲の間に風が吹く層が有る様に見える場合が多いです。
透明なので上下の雲の毛羽立ちで判断する訳ですが、
前日書いた、雲の毛羽の繊維状形態の成す角度が、
ざっと斜め45度位に揃っているのが不思議、といった、ケバの傾きが
上の層と下の層で逆向きなんですね。

上下で矢羽根模様を形成しているというか
「無理やり」
「あたかも雲を誘導する様に」
「上下層の間を矢軸の様に風が吹いている」
さまを、見てとる事が出来ます。
そこに、そこを俯瞰出来る所に、
駆動源が潜んでいるのであろう事は
観察していると分かります。
そこからなんとか原理を見出だして行きたいのですがw


どうやらHN「社会系」な方は、防御している原理や主体を知っている様なので
是非とも、誰が、どうやって防御しているのかご教示願いたい所です。
いきなり主観的断定で「防御されました」 なんていう詐欺ペテン論調、そういう意思があられるとなるととても残念ですが。

最近は、賛同したふりをしながら、
「トンデモびっくりソースぶっ飛ばしネタ」を貼りまくって、
ここを、
巷に散らかる胡散臭い目眩ましサイトと同化したいブームが有るようで、
とーっても残念です。

「バカと言ったら李晋三」にいさんも、
ハーモニーズや、
シャンティーフーラさんの記事は、
わざわざ持っ手来て文字起こししなくても
そっちに任せておいた方がいいと思うヨ。
tocana、Hanadaとかね、
卵は、終わってるケド。

いちおう念のため、

マイクロ波 或いは レーザーという書き方は間違いです。

マイクロ波 というのは、
波長がマイクロメートル近くの電磁波だよ
という意味の言葉。

レーザーというのは、
波の位相が揃った電磁波だよ
という意味の言葉。

位相というのは、
相を表す山、谷の、位置という意味。

マイクロ波のレーザーは、
メーザーと言います。
ちょうど気象改編装置禁止条約制定の頃に、何故かメジャーな世界からその言葉の引用をしない空気に成りました。
何でか知らんけどw

位相の揃った波というのは、
お互いの波の干渉による減衰が起こらない一番効率的に波を伝送出来る形態です。

面倒なのはその帯域に合わせた
片方がハーフミラーとした合わせ鏡の構想が必要で、
そこで往復させることで足並みを揃えるのですが、
当然ながら、鏡、筐体の冷却も必要に成るので、
使う所が限られてしまうわけです。
広い巾での放射も機械的制約が付きまといます。
それでもなお、高精度、高効率に
電磁波を送信したいならば、
という場面で、
移送の揃ったコヒーレント波=レーザーを使う、という事に成るわけです。

別物ではなく、それぞれが
その電磁波の形態を示している要素ということです。

どっちなの?というものでは有りません。

前にカキコ報告した、『とある書籍に、DS裏社会による気象改変、しかも、明らかに衛星からのマイクロ波ビーム(orレーザー)があったことを記録したとしか思えない記述があった』件を、もう一度カキコ。


それは『世界地理なるほど雑学事典』(現在は絶版)という、世界の国々や地理に関する豆知識が書かれた、一見取るに足らない文庫本です。

その中には『これまで記録された公式の最高気温』なんてのも載ってるわけですが、その付け足しとして『非公式ながら、とんでもない高温の記録があった』というトピックがあり、それが非常に興味深いもので……


『世界地理なるほど雑学事典』(PHP文庫。1999年1月・刊)の111~112ページより。

しかし、公式でなくていいのなら、もっと高い気温を記録したと報じられた場所がある。これもやはり赤道直下ではなく、ポルトガルでのことだ。

その時の記録が摂氏70度。フイグエリラというポルトガル中部沿岸地方の町でのことで、高温は数分間しか続かなかったようだが、ニワトリがひっくり返る、川の魚は白い腹を見せて浮き上がる、人間も路上に倒れる人が続出したという。

この猛烈な熱気は、一過性のものではあったが、通り抜けるように次の町を襲い、町をつなぐ川は見る間に干上がり、川底には魚の死体がゴロゴロと転がるありさまだったという。

原因は不明のまま、どこかで原爆実験が行われたのであろうという学者まで出現したがその事実はなく、ただ、このごろ頻発している異常気象のためかもしれないと推察するしかないようだ。

(以上、原文のまま)


この異常な出来事、起きた日時は書かれていないのですが、最後の文にある「このごろ頻発している異常気象のためかもしれない」という書き方を見るに、この本が書かれた時からごく近い頃に起きた出来事なのではないかと思われます。

この書籍の刊行が1999年1月ということは、1998年以前のごく近い時期……'90年代か、せいぜい'80年代後半のどこかで起こったことなのでしょう。

さて、この記録で注目すべきは、「高温は数分間しか続かなかった」「一過性のもの」「通り抜けるように次の町を襲い」という部分。

つまり、『フイグエリラという町だけを襲った異常熱気が、そのまま次の町へスライドするように移動して行った』ということになります。
まるで『懐中電灯を点灯させたまま、少し角度を変えて光の照射を移動させた』ように……

もう、お分かりでしょう。
これは明らかに「巨大人工衛星からのマイクロ波(orレーザー)照射」以外の何物でもありません。
まさしく、懐中電灯で照らす部分を移動させるように照射角度を変えたわけです。

ポルトガルの2つの町をわずか数分間攻撃することには特に意味もなさそうなので、おそらくこれは、本格運用前の実験or試運転だったのではないでしょうか?

思えば、NASAが怪しげな太陽光発電衛星を開発してたとされるのは'80年代と言われてますから、そこで打ち上げて、その後にテストを繰り返してたとしたら……ちょうどこの時期でしょうね。

それにしても、その威力たるや、「数分間」照射しただけで……
「摂氏70度」
「ニワトリがひっくり返る、川の魚は白い腹を見せて浮き上がる、人間も路上に倒れる人が続出」
「町をつなぐ川は見る間に干上がり、川底には魚の死体がゴロゴロと転がる」
……という凄まじいものなのです。

しかもこれは、20数年前の時点での話。

もし、その後、その装置に改良がなされ、さらにパワーアップしているとしたら(当然してるでしょう)……先日の台風も含めた昨今の超異常気象を作り出すことも十二分に可能でしょうね。

ちなみに、この出来事なのですが、ネットで散々探しても「なぜか」一切ヒットしません。

この絶版した書籍の記述以外には、その記録は一切存在しないようなのです。

……そうとうマズい記録なので、完全に抹消されてるのでしょうね。

台風15号は風の実験。台風19号は雨の実験。次は雨風セットで来るかもしれません。

【67の竜巻発生、豪雨で洪水…けが人も 米】2019/5/22
http://www.news24.jp/articles/2019/05/22/10439603.html
>竜巻とともに起きた集中豪雨の影響で…

国会議員の“統一教会”イベントへの出席に、弁護士団体が再び要望書。取りやめた議員はいたか?<政界宗教汚染〜安倍政権と問題教団の歪な共存関係・第19回>

「鈴木エイト」

(ハーバービジネスオンライン)
https://hbol.jp/204590cx_clicks_art_mdl=2_title

★全く知りませんでしたが、大雨洪水はアメリカでも起きていました。

【ホワイトハウスも浸水 アメリカ首都で「洪水特別警報」発令】7/10
https://news.yahoo.co.jp/byline/morisayaka/20190710-00133507/
>この大雨の原因は、停滞前線とその上にできたメソ低気圧(小さな低気圧)、さらに7月としては記録的に湿った空気が流れ込んだことが考えられます。
>これほどの雨がこの地域に降るのは、200年に1度の確率とのことです。
>大雨が降った当時、気象局はワシントンDCとその周辺に「洪水特別(緊急)警報(Flash flood emergency)」を発令し、「IMMEDIATE ACTION IS REQUIRED TO SAVE YOUR LIFE!(直ちに命を守る行動を!)」と住民に呼びかけを行っていました。

★「直ちに命を守る行動を!」が、今やグローバル標語。

>2019年3月、ミシシッピ流域では歴史的規模の洪水が発生しました。5月に入ってもなお、さらなる危険にさらされています。
https://www.esquire.com/jp/news/g27486447/mississippi-river-flooding-photos-190516/

★災害は数カ月にわたり続く予定。

【北アメリカで最も乾燥した場所であるデスバレーに大雨と洪水で「湖」が作られる】
https://earthreview.net/flooding-creates-big-lake-in-death-valley/

★こういう所で気象テロ実験をしているのかもしれません。

週刊新潮の「三笠宮殿下」特集がすごい件~「罪もない中国の人民にたいして犯したいまわしい暴虐の数かず」
週刊新潮の「三笠宮殿下」特集がすごい件~「罪もない中国の人民にたいして犯したいまわしい暴虐の数かず」

https://matome.naver.jp/m/odai/2144971574807356901

朝のコメント
放水を止まったダム

放水をギリギリまで我慢し回避したダム

あす即位の礼 首都厳戒

https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/hiru/smp/news/post_188428/

天皇陛下の即位を国の内外に宣言する「即位礼正殿の儀」をあすに控え、都内では厳重な警備態勢が敷かれています。きょうは朝から、即位の礼に出席する国の大統領らが、続々と日本に到着しています。羽田空港ではコインロッカーやゴミ箱の利用を制限し、警備を強化しています。即位の礼には、170ヵ国以上の元首や政府高官らが参列を表明していて、日本航空と全日空は、特別機の発着が多くなるきょうと24日で、合計72便を欠航するということです。一方、都内各地でもきょうから本格的な車両検問を予定していて、警戒を強めています。あすは皇居周辺の一般道のほか、首都高速道路でも交通規制が行われる予定です。警視庁はあす、20年ぶりに警視総監をトップとする「最高警備本部」を立ち上げ、厳戒態勢で即位の礼に臨みます。

全く懲りもせず次から次へと日本破壊工作。千葉、東京を集中的に狙ってますね!なんか公共事業とかご計画で立ち退いてもらいたいのかな?

日本で外人の雇用が増加し、また、日本の技術を探求する意識が希薄になり、さらに仕事をきちんとやり遂げる意識が低下すれば直ぐに大惨事を引き起こせる。

要は自然災害を人間が制御できる環境を日本人は作り出せてしまうことが、支配層の脅威となる。

賢民より、愚民の方が制御し易いと言う事でしょう、

【ポダム国売新聞がまた 不正世論操作】
内閣支持率、横ばい55%…読売世論調査

(読売新聞 記事コピペ)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-00050159-yom-pol

10/20(日) 22:03配信 

 読売新聞社が18~20日に実施した全国世論調査で、安倍内閣の支持率は55%で、前回調査(9月13~15日)の53%から横ばいだった。不支持率は34%(前回35%)。

 政党支持率は、自民党42%(前回38%)、立憲民主党5%(同5%)などの順。無党派層は38%(同39%)となった。

人工台風は、防衛され、弱体化されることが証明されました。

だから、
ダムを放流して、水害を起こすようになりましたが、
それは、誰もがおかしいと思う事実で、
真実を知る人が急増する事態を招きました。

自然災害に見せかけることができないと、
これまで通りにはいきません。

追い詰められた日本会議が逃げるためのテロですが、
簡単に防衛される時代になっています。

中東で米軍撤退後、ロシアが中東制圧となった今、
次は、アジアで米軍撤退後、
日本会議壊滅が確実になっています。


台風20号の予想進路は南海トラフにほぼ沿うように進むコースです。この台風は南海トラフ地震を誘発させる危険性があります。

台風20号
https://tenki.jp/bousai/typhoon/1920/

大地震は台風の後にやってくる、米大研究
https://www.afpbb.com/articles/-/2844839

台風20号北上に伴い大雨の恐れがあります。今日夕方までに降る雨の量は多い所、九州南部で100ミリの予想。この豪雨は南海トラフ地震を誘発させる危険性があります。

台風20号北上 本州で再び大雨のおそれ
https://tenki.jp/forecaster/k_fujino1023/2019/10/20/6360.html

降雨と地震発生の関係について
http://www.dpri.kyoto-u.ac.jp/nenpo/no20/20b1/a20b1p05.pdf

10月13日-10月19日の震源別の地震回数は、長野県中部と熊本県熊本地方が比較的多く、南海トラフの東部と西部が刺激されています。
https://twitter.com/eq_sum/status/1185891422798569472
長野県中部 158回
熊本県熊本地方 87回

今日も阿蘇山が噴火。昨日桜島が噴火。これらの噴火は南海トラフ地震の前兆です。

阿蘇山の噴火に関する火山観測報
https://tenki.jp/bousai/volcano/503/live/2019-10-21-03-01-00.html

桜島の噴火に関する火山観測報
https://tenki.jp/bousai/volcano/506/live/2019-10-20-09-01-00.html

各地で噴火警戒の不気味 スーパー南海トラフ地震の前兆か
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/227773

昨日太陽は無黒点です。
http://swnews.jp/2019/swnews_1910201302.html

巨大地震:太陽の黒点が少ない時期ほど頻度高く (毎日新聞)
http://www.asyura2.com/11/jisin17/msg/569.html

南海トラフ地震が起きる可能性が考えられます。要警戒。

ベンジャミンさん 復帰
↓↓↓↓

【【ベンジャミン・フルフォード復帰】 国家非常事態対策委員会 2019/10/19】
https://www.youtube.com/watch?v=CGB2vnuU1sg&t=407s

コイツ等も監視しましょう(゜_゜)

国会議員の“統一教会”イベントへの出席に、弁護士団体が再び要望書。取りやめた議員はいたか?<政界宗教汚染〜安倍政権と問題教団の歪な共存関係・第19回>
https://hbol.jp/204590?display=b

「韓鶴子総裁が2020年までに繰り返し7か国の主権を握らなければならないと語っており、日本を含む国家復帰を画策している(本文より)」そうです(-.-)

世界に蔓延するネット世論操作産業。市場をリードするZTEとHUAWEI
https://hbol.jp/204608?display=b

貯め込んで  深夜に行う  放流テロ

  
首都圏を  狙わす台風  4連発
  

覚醒を  気にしておれぬ  断末悪魔

東電達も監視しましょう(゜_゜)

東電は2200億円超 電力大手が東海第2原発再稼働に巨額支援

2011年3月の東日本大震災で自動停止したままになっている茨城県東海村の日本原子力発電東海第2原発を巡り、大手電力各社が再稼働に向けて計約3500億円の資金支援をする方針を固めた。
 原電は保有する原発4基のうち2基が廃炉作業中で、東海第2原発の再稼働をめざしている。電力各社は原電から提供される電気量に応じて安全対策費用の一部を負担する。3500億円のうち2200億円超を東京電力が負担し、残りを東北電力、中部電力、北陸電力、関西電力で分担する。
 同原発については、地元住民からは再稼働に反対する声が上がり、周辺自治体では廃炉を求める意見書が相次いで採択されている。
 東京電力はそんなカネがあるなら、福島原発事故の被災者支援や地元復興に使うのが先だろう。

菅原「若い女&賄賂」経産相も監視しましょう(゜_゜)

「中東に自衛隊派遣」わざわざ速報の不可思議とウラの狙い
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/263545

〉突然、『自衛隊派遣』と報じさせ、『メロン配布問題』から国民の目をそらさせる気なのでしょう(本文より)。

なるほど
DSの連中が計画してるのは
「都市で生かされる、家畜人間牧場」
だから5Gとかになるわけだ
↓↓↓↓

〈Eden Media〉

【この地球を破滅に導く気象兵器】
https://www.youtube.com/watch?v=wwQiKvC6kyI&t=774s
(↑是非ともご覧になっていただきたい部分から、動画がスタートしますので、そのままご視聴下さい)

神奈川・宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00000003-kana-l14

神奈川新聞 10/21(月) 5:30配信


あれ?

そういや、この前の19号の接近前には、こういう事前放流のニュースは全くありませんでしたよねぇ?

そこは疑問に思わないんですか、各メディアの皆さーーん!

深さ10キロ地震も監視しましょう(-.-)

フィリピンでマグニチュード5.2の地震

フィリピンのミンダナオ島でマグニチュード5.2の地震が発生した。米地質調査所(USGS)が発表した。
震源地はミンダナオ島のスルタン・クダラット州から7.7キロ。震源の深さは10キロ。
犠牲者や建物の倒壊などに関する情報は伝えられていない。

おはようございます。

政府は気象改変技術を使ってスーパー台風を破壊して国民を守るべきですが、それができない理由は、政府が気象兵器でスーパー台風を作りアジェンダ21(NWOの準備)を実施しているからです。

アメリカでもヨーロッパでも同じで、イルミナーティ(世界の冨を独占するエリートたち)はハイテク兵器を駆使してNWOの実現のために世界で現秩序の終末を演じています。

人々は、人工地震、人工台風、人工山火事、人工災害、人工経済崩壊、人工戦争などにより世界的な平和と安全を切望するように仕向けられています。

現在の世界的なカオスは、世界的な問題の解決策としてNWOを人々が歓迎するための踏み石です。

気象改変技術の使用に関する国際条約
https://ameblo.jp/hamada-kazuyuki/entry-10975299669.html

蛇と蛇の胤たちは全地で終末を演出していますが、将来は彼らのものにはなりません。

蛇と蛇の胤の時代
https://bible9.blogspot.com/2019/02/blog-post.html

関東甲信 22日大雨のおそれ

https://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20191021/1070007937.html

台風19号 死者81人に 復旧にボランティアが尽力

https://sp.fnn.jp/posts/00425928CX/201910210621_FNN_CX

ANN世論調査 軽減税率 ポイント還元は評価伸びず

https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000167271.html

巷では、今年の大きな台風は、19号で終わりだと言われていたが…育成枠の台風はわからん。

台風20号 21号 日本接近へ 
近畿・東北中心に大雨のおそれ

https://sp.fnn.jp/posts/00425929CX/201910210622_CX_CX

台風21号、22日に非常に強い勢力か 2つの台風北上

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO51213440R21C19A0CE0000?s=1

河川を管理する国交省職員(国家公務員)の動向にも注意が必要です。DEEP STATEに魂を売るテロリストがいます。

携帯からおはようございます。
台風の育成・誘導に失敗しても、台風を隠れ蓑にするだけかも知れませんね。

ダムで働く人たちの入れ替えにも注意。
今回、ダムで働く人たちによって
放水を止まったダムもあったそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リチャード・コシミズ講演日程 | トップページ | 朝鮮カルトの悍ましい儀式に参加した国会議員ども。 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

RK公式ホームページ