« 白木教授インタビュー記事。 | トップページ | COVID-19の真実を世界に! »

2020年2月16日 (日)

ダイアモンド・プリンセス号の感染爆発の秘密、CDCですらわからないようですね。

6_20200216010401

>クルーズ船内で感染者が急ピッチで増加する特異な状況

>中国国外での感染拡大はクルーズ船だけに「劇的な増加」がみられる

そのワケを知れば、CDCも納得するでしょう。ダイアモンド・プリンセス号は香港籍を持った武漢人避難民を満載したウイルス運搬船ですから。

米チャーター機派遣、自国民の不満に配慮 毎日メールも
2/15(土) 23:15配信

(抜粋)クルーズ船内で感染者が急ピッチで増加する特異な状況には、専門家からも懸念が出ていた。世界保健機関(WHO)幹部は、中国国外での感染拡大はクルーズ船だけに「劇的な増加」がみられると指摘。米国でも「懸念している」(米疾病対策センター)と指摘されていた

« 白木教授インタビュー記事。 | トップページ | COVID-19の真実を世界に! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

全国各地で大規模なマラソン、京都マラソン&青梅マラソン本日開催!
新型コロナの感染警戒は無し?

https://johosokuhou.com/2020/02/16/25679/

本日に青梅マラソンと京都マラソンが同時に行われます。

青梅マラソンは約2万人、京都マラソンは約1万6000人が参加すると想定されている大イベントで、2月15日夜の時点で中止や変更の報告は無いです。

京都マラソンの公式ツイッターには「明日お会いしましょう、素敵な走りをお過ごしてください!」「西京国運動公園でお会いできるのが待ちきれない」としか書いておらず、新型コロナウイルスに関する注意喚起はありませんでした。
青梅マラソンの公式ホームページでも、「消毒薬やマスクの配布を行う」との記載があるだけで、こちらもマラソンの予定は変更なしとなっています。

海外ではマラソンを含めて大規模なイベントは軒並み中止が決まっていますが、日本においてはそれも例外みたいです。

しかも、2月16日に開催が予定されているマラソンはこれだけではなく、神奈川県のファミリーマラソン、静岡県の浜松シティマラソン、大阪府のKIX泉州国際マラソン、福岡県の北九州マラソン2020、熊本県の熊本城マラソン2020などがあります。

来月になると東京オリンピックの前哨戦である東京マラソンなども控えていることから、感染拡大を阻止するどころか、自分たちで広げているような状態になっていると言えるでしょう。

【棄民】クルーズ船内の「全員の素早いウイルス検査」は十分に可能だった!安倍政権が「金がかかる」との理由で民間への依頼を拒否!
https://yuruneto.com/cruise-kensa/

ここも↓少しリンクしますかね?
2019年11月19日 (火)
香港暴動について、人様と違う意見だったりして。(リチャード・コシミズ)
http://richardthekoshimizu.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-1d7207.html

武漢周辺で裏金蓄財をしている中国のお金持ちさん 武漢で罹患したが、中国本土の者がどうやって簡単に国外に出られたか?
香港と中国本土に二重に籍を持っているか?
香港籍にしている?

2つある香港のパスポート
http://www.visaemon.jp/article/13563127.html
香港住民が中国本土へ行く場合は、国内移動となり、
HKSARは必要ありません。

香港籍にしていれば、香港⇔中国本土 自由な往来ができ、国外に出るのも簡単なのかな?

<<< 香港在住の中国人 >>>
=====
【香港居住者は二重国籍を保持する場合があります】
 → 二重国籍(または市民権)は中国の国籍法によって認められていませんが、香港の法制度は中国から独立しています。 中国の祖先を持つ香港の永住者は、外国籍(または市民権)を取得した後でも、中国の市民であると見なされる場合があります。
ーーー
【Hong Kong residents may hold dual-nationality】
→ Although dual nationality (or citizenship) is not recognized by the Nationality Law of the PRC, legal system in Hong Kong is independent from PRC. Hong Kong permanent residents with Chinese ancestry may still be considered to be a Chinese citizen after obtaining foreign nationality (or citizenship).
ーーー
https://asiabc.co/guide-to-hk/chinese-nationality-citizenship/
=====

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白木教授インタビュー記事。 | トップページ | COVID-19の真実を世界に! »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

RK公式ホームページ