« 岩田健太郎教授の歴史に残る偉大なる3動画。 | トップページ | 神戸大岩田教授のオリジナル動画(120万回再生)が削除された! »

2020年2月20日 (木)

新型コロナウイルス感染症は、人為的なバイオテロの結果である。

8_20200220043301

岩田先生の報告をまとめると....

・常駐しているプロの感染対策の専門家が一人もいない
・船内は、専門家から見ても「心底怖い」と思えるほど悲惨な状況
・どこが危なくてどこが危なくないのか、全く区別がつかない
・そのため乗客だけでなく、厚労省の役人や検疫官までも感染してしまっている
・アフリカや中国なんかに比べても全然酷い感染対策
・この失敗を日本政府が隠すため、悪循環に陥っている

↑情報源:ダイアモンド・プリンセスが大量の感染者を生み出している理由 中島聡
https://note.com/lifeisbeautiful/n/n1b97c41deaf2?fbclid=IwAR2vSbLAS0r7DcASPeN8GCls4Wl41zBIDQLfq22wdsmbl_0yWRg1tcGIZSY

以上の理由により450人もの感染者を量産してしまった。乗客のみならず、厚労省官僚も検疫官も医療関係者も感染しているはず。よって、今後、DP号が日本のパンデミック汚染を生み出すことになる。(実際、2月19日に79人の新たな感染者が発生している。)

安倍一味は、御用学者を動員して、お手盛り会議をやって、自分たちのやった犯罪を正当化。岩田氏を中傷する様々な嘘を振りまいて、氏の信憑性を毀損しようと必死の工作。だが、野党幹部は、既に岩田先生の報告を受け、これから安倍一味を国会で本格追求する。そして、安倍たちが、日本国民を騙そうとしても、諸外国が黙っていない。

岩田先生の英文動画、そして、BBC記者とのTV電話動画はすでに世界を駆け巡り、安倍一味の犯罪を世界中に暴露した。岩田先生の堪能な英語力が、迫力を加えた。DP号で肺炎患者を出してしまった国や未だ乗船者のある国は黙っていない。世界中の感染症学者・専門家も、安倍一味のやり方を糾弾する。(一部のDS残党連中は安倍を擁護するだろうが。)世界から、安倍晋三への強力な「叱責」「罵倒」が加わる。安倍が退陣を余儀なくされるような。

そして、DPの陰性・無症状・潜伏患者が、大量に下船して、日本中にウイルスを撒き散らす。日本を第2の武漢にするために。

新型コロナ集団感染のクルーズ船から500人が下船…船にいる浜松市の男性「帰っても風評が心配」
2/19(水) 19:28配信静岡朝日テレビ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00010011-satvv-l22

2週間の隔離生活がようやく終わります。新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船で、「陰性」が確認された乗客が船から下り始めました。午前11時、横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号の乗客が船から下りてきます。14日間の潜伏期間を経て、新型コロナの検査で陰性が確認された高齢者を中心に、約3時間半で500人が下船しました。その後、用意されたバスやタクシーに乗って帰宅しました。(以下、略)

岩田先生:「やはりこれは日本の失敗なわけですけれども、それを隠すともっと失敗なわけです。確かにあの、まずい対応であるということがバレるというのは、それは恥ずかしい事かもしれないですけど、これを隠ぺいするともっと恥ずかしいわけです。」

さすがの岩田先生も、これが「日本の失敗」だと勘違いされているようだ。今回の事態は失敗ではない。厚労省が、感染症の専門家をDP号から排除したのは、専門家がいてはバイオテロができないからである。厚労省幹部は、DP号を新型コロナの培養地にして、日本で感染爆発を起こそうとしているのである。ずさんな対応は、感染者を増やすための意図的な「手抜き」なのである。

世界を長らく支配してきたロックフェラー・ロスチャイルド財閥(DeepState)は、勢力が減衰して、覇権を失いつつある。一方、中国、ロシアを中心とした新興勢力は、DeepStateに代わり、世界経済を支配しつつある。DeepStateは、世界の経済の中心が、中国・日本を始めとするアジアに移行することを阻止したいのである。だから、パンデミックは中国と日本で起きる必要がある。安倍一味はそのお手伝いの最中なのである。

土壇場に追い詰められたDeepStateは過去に様々な「挽回作」を仕掛けてきた。911内部犯行も311の際の福島原発放射能漏れもDeepStateの犯行である。だが、イスラム国捏造、MH370便事件、MH17便事件、イラン危機などの戦争惹起計画はことごとく失敗し、延命策は尽きた。彼らが最後に発動した起死回生の作戦が、今次のウイルステロである。安倍一味は、日本におけるDeepStateの傀儡であり、今次の作戦を遂行するために、癒着関係にある統一教会や朝鮮半島系の要員、さらにはイスラエルの諜報関係者を巻き込んでいると見る。厚労大臣も副大臣も、このテロ遂行のために配備されたテロ主犯の一人である。(特効薬アビガンの出現が、今次のバイオテロ強行を可能にしたのかもしれない。)

今回の騒動で、DeepStateの存在が露呈する。そして、世界は浄化される。新型コロナウイルスは、浄化剤なのかもしれない。

リチャード・コシミズ

« 岩田健太郎教授の歴史に残る偉大なる3動画。 | トップページ | 神戸大岩田教授のオリジナル動画(120万回再生)が削除された! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

中国に出現した第5の太陽、日本では連続した10匹のリュウグウノツカイ。パーフェクトストームの気配の中、次に何が起きる?

https://indeep.jp/what-five-suns-and-ten-deep-sea-fishes-suggest/

>DP号を新型コロナの培養地にして…。

“D”eep State’s virus “P”lant

…失礼しました。

文字おこしした人の要約のようです。

お天道様の記事中のYouTubeの一部文字起こし+内容の要約を拾ってきました。
(以下)

ダイヤモンド・プリンセスに入りましたが、何者かによって1日で追い出されました。感染対策は悲惨な状態で、アフリカのそれより悪く、感染対策のプロは意思決定に全く参与できず、素人の厚労省官僚が意思決定をしています。船内から感染者が大量に発生するのは当然です。すぐに船内のみなさんを(医療者たちを含めて)助けてあげねばなりません。

要約
・この仕事を20年間やってエボラやSARSにも携わって来たが過去一番の恐怖を覚えた
・感染症に感染しない方法をプロである私は知ってるがクルーズ船内では私が感染してもおかしくない
・船内はグリーンゾーン、レッドゾーンの棲み分けも無く全領域汚染されている
・他の感染症専門家が一日で出てきたらしいがこの環境なら怖くて出てくるのは当たり前
・厚労省の官僚が全て仕切っており私のような専門家の助言に全く聞く耳を持たず追い出されてしまう
・船内には感染症専門家が一人も居ない
・クルーズ船の乗員から直接SOSを受けいろんな筋を辿って協力することに
・現場は想像以上に物凄く酷かった アフリカ以下の防御体制 確実に検疫官や職員の感染を生んでしまう 今まで見たなかでも相当酷い
・ここまで酷い理由は検疫の方針を厚労省の何も知らない素人が決めているから
・「このままだと職員の感染も生んで相当にヤバい状態」と提言すると「なんでお前にそんなこと言われなくちゃならない?」と厚労省の職員に物凄く嫌な顔された。何度も提言すると1日で追い出されてしまった
・この人以外にも他の専門家はいるけど聞く耳持ってもらえないからみんな諦めてる模様

日本時間で昨日台湾で中規模地震が2回発生。2年前に台湾東部で強い地震が起きた時に、専門家の間では“今回の地震は日本での南海トラフ巨大地震の前触れではないか”との声が上がっています。UTC+9時間で日本時間。
02-19 11:55:07 (UTC) M 4.1 - 3km NNE of Buli, Taiwan
https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/us70007szm/executive

02-19 05:27:44 (UTC) M 4.7 - 17km S of Hualian, Taiwan
https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/us70007swc/executive

南海トラフ大地震が台湾M6.4でいよいよ最終段階に入った!
https://www.excite.co.jp/news/article/Weeklyjn_14465/

日本時間で今日と昨日日本南方のグアム島付近で中規模地震が2回発生。2つの地震の震源は、フィリピン海プレートのプレート境界付近です。このプレートは非常に小さいので影響が伝わりやすい。
この2つの地震は南海トラフを強く刺激しているはずです。
02-19 15:54:56 (UTC) M 5.2 - 92km SSW of Merizo Village, Guam
https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/us70007t2i/executive

02-19 09:42:01 (UTC) M 4.8 - 174km ESE of Yigo Village, Guam
https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/us70007sz4/executive

2月18日の震源別の地震回数は種子島近海・長野県南部・岐阜県美濃中西部が比較的多く、南海トラフが全体的に刺激されています。
https://twitter.com/eq_sum/status/1230102487115411463
種子島近海 17回
長野県南部 14回
岐阜県美濃中西部 12回

東京や大阪など広範囲で「ハロ」が出現。ハロが見られた後に地震が起きた、との指摘があります。この「ハロ」が出現は南海トラフ地震前の宏観異常現象でしょう。

東京や大阪など広範囲で虹色の環「ハロ」が出現
https://weathernews.jp/s/topics/202002/190145/?fm=tp_index

【前兆】4/28十勝地方南部でM5.6の地震+各地で環天頂アーク(ハロ)や環水平アーク~「虹色現象」は前兆?
https://www.tankyu3.com/entry/2019/04/28/ark
翌日5/21には、宮城県の美弥さんが、宮城県のどこかでハロ(日暈、ひがさ)を撮影した。
その6日後に、下記の地震が起きた。
→2018年5月26日 23時1分に、福島県沖でM4.6、最大震度2の地震。

今日桜島・阿蘇山・諏訪之瀬島が噴火。この噴火は南海トラフ地震の前兆です。

桜島の噴火に関する火山観測報
https://tenki.jp/bousai/volcano/506/live/2020-02-20-02-17-00.html

阿蘇山の噴火に関する火山観測報
https://tenki.jp/bousai/volcano/503/live/2020-02-20-03-04-00.html

諏訪之瀬島の噴火に関する火山観測報
https://tenki.jp/bousai/volcano/511/live/2020-02-20-06-25-00.html

各地で噴火警戒の不気味 スーパー南海トラフ地震の前兆か
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/227773

昨日太陽は無黒点です。
http://swnews.jp/2020/swnews_2002191244.html

巨大地震:太陽の黒点が少ない時期ほど頻度高く (毎日新聞)
http://www.asyura2.com/11/jisin17/msg/569.html

南海トラフ地震が起きる可能性が考えられます。要警戒。

やっぱり、福島原発テロと同じなのでは。

クルーズ船発のパンデミックを起こす。
 ↓
手がつけられない状態を演出
 ↓
米軍の特殊部隊が横浜湾一体を占領

福島原発テロのときも福島を占領するための米軍が横田基地に待機していた。

やつらは、一石何鳥も狙っているが、その目的の一つにカジノ候補地の山下埠頭に居座る藤木さんたちを追い出すため。

消さないと、あれするぞ、これするぞ、とのお達しがあったと考えるのが普通ですね:

https://johosokuhou.com/2020/02/20/25936/?fbclid=IwAR1fPRsAhVs4h4mPrLKMHkT-SH1wVGAIYtNVv0CHVQm14lZYI-W6oLdqeQw

欧州のウイルス専門家、新型コロナウイルスに「消すことのできない人工的痕跡」
欧州在住の中国出身ウイルス学者・董宇紅氏
SARSウイルスの再集合に必要なpShuttle-SNと呼ばれる特異の遺伝子配列に非常に近いと気づきました。Shuttle bus、シャトルバスをよく聞きますね。Shuttleは、定期往復便という意味です。遺伝子の研究では、Shuttleというのはある種を別の種に運ぶことを指します。遺伝子を運ぶ道具だと言えましょう
ジェームス博士は、この新型コロナウイルスについて、90~95%の確率で「ラボ・イベント(lab event)」によって引き起こされたとの結論を付けました。ラボ・イベントは、人為的にウイルスを改造する実験室を指します。

窓を開けて「鬼は外!」が最良の方策 根路銘 国昭(ねろめくにあき)氏 ウイルス学者
コロナウイルスが空気に弱い
コロナウイルスは、1メートルも飛べば死滅
「空気中に出たウイルスは窓を開け放って外へ追い出せ」と言っているのは、そういう敵の弱点をつけということです。クルーズ船も窓をできるだけ開けることですよ。

てっさうまそう。
国会開催してるぞー

【安倍日誌】19日(水)

https://www.sankei.com/smp/politics/news/200220/plt2002200004-s1.html

NHKまでも大々的に報道、安倍一味はトホホ。
またもやのらりくらりのペテン答弁ですかね。

クルーズ船「感染拡大防げないずさんな対応」専門家

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200219/amp/k10012292201000.html?utm_int=news_contents_news-main_001&__twitter_impression=true

やっぱりとしか言いようがない。

自分たちが天下と思っている勘違いした奴等、もう終わりだよ。

目覚める人が爆発的に増える。

RK理論にたどり着く方が増えるように引き続き動きます。

DMAT医師、乗り込めたから黒
くせえ〜くせえ〜
>「船内はどんどん落ち着いてきていてほぼコントロールされていると感じています」と話していました。
くせえ〜くせえ〜

クルーズ船 乗り込んだDMAT医師「命助けること優先した」

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200220/k10012293081000.html

クルーズ船に乗り込み、DMAT=災害派遣医療チームとして船内で発熱した人への対応にあたっている医師が取材に応じ、「命を助けることを優先して仕事をした」と話しました。

滋賀県にある大津赤十字病院高度救命救急センターで救急部長を務める松原峰生医師は、今月13日から、DMATとしてクルーズ船で発熱した人の中から重症になりそうな人を見極めて医療機関に搬送する医療チームのリーダーを務めています。

船内での感染症対策について、松原医師は、日本環境感染学会の専門家の指導のもと、ガウンと二重にした手袋それに医療用マスクを着用し、使ったあとのガウンなどは専用のスペースで脱いでいると説明しました。

発熱した人がいるという連絡を受けると、まず電話で客室に連絡し、問診が必要と判断した場合は、客室のドアを開けて1.5メートルほど離れて対応するほか、体に触れる行為が必要な場合は、完全に体を覆う防護服を身につけて行動しているということです。

そのうえで、活動を始めた当初の状況について松原医師は「高齢者で急に高熱を出す人がいるなど危険な状態だったため、感染症対策については、ある程度妥協して重症者や重症になりそうな人を早め早めにピックアップして地域の病院に搬送した。命を助けることを優先して仕事をした」と話しました。

最近は発熱する人は減っているということで、「今は重症者の搬送はほとんどなくなり、症状の無い人を経過観察してもらうために病院に搬送する仕事が中心になっている。船内はどんどん落ち着いてきていてほぼコントロールされていると感じています」と話していました。

新型肺炎治療にクロロキンの効果検証

https://www.sankeibiz.jp/smp/macro/news/200220/mcb2002200500006-s1.htm

中国中央テレビ(ニュースチャンネル)によると、中国科学技術省中国バイオ技術発展センターの孫燕栄・副主任はこのほど会見で、「北京、広州、湖南といった複数省の10カ所余りの病院で、新型肺炎の治療に対するクロロキン(抗マラリア薬)の安全性ならびに有効性に関する評価を行っている。臨床において非常に明確に治療効果を目にしており、クロロキンをできるだけ早く新規の診療指針に盛り込み、臨床での試用範囲を拡大させるべきだと提言している」と述べた。記者の「明確な治療効果が既に表れている(新型肺炎の)薬はあるのか」との質問に答えた。(RP=東京)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 岩田健太郎教授の歴史に残る偉大なる3動画。 | トップページ | 神戸大岩田教授のオリジナル動画(120万回再生)が削除された! »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

RK公式ホームページ